30代からの医学部学士編入合格への道

学士編入の医師はモテるのか?

はじめに
管理人の場合
医学部学士編入試験の特徴
医学部学士編入の難易度
学士編入試験を行っている大学一覧
試験の時期は大学によってまちまち
入試科目が少ない
受験者の年齢:中には40代・50代受験者も
大学側が学士編入者に求める人物像について
何校でも併願可能
 学士編入試験合格作戦
学士編入試験の流れ
・学士編入試験の出願から受験・合格・入学まで
・学士編入試験出願チェックリスト
分野別対策法
・英語〜論文の大意を把握できるようにする
・数学〜高校数学から大学教養課程まで
・物理〜高校物理を復習する
・化学〜高校化学を復習する
・生物・生命科学〜論述のための正確な知識を
・小論文〜医療のトピックス/志望動機
・個別面接・集団面接・集団討論
医学部に入ってから
学士編入生の学生生活〜勉強・一般学生との交流
医学部での勉強の内容
医学生向けのおすすめ参考書
CBT(Computer Based Test)・OSCEとは?
臨床実習について
医師国家試験(国試)について・おすすめ参考書
マッチング制度について
医師になってから
医師のキャリア・学年について
臨床研修指定病院について
学士編入者の初期研修・その労働と賃金の実際
当直勤務の実際〜当直はつらいよ
勤務医の現状・実際にあった忙しかった1日
年下の上級医との接し方について
専門科目の選択肢とその時期
日本内科学会の内科認定医について
臨床で役立つ医学書のコーナー
医師の周辺の医療関係の職種について
医師の収入〜病院勤務医と開業医
賃金と経営に対する意識はあったほうがよい
医師として何を追求するか?キャリアプラン
医師の恋愛・結婚事情

30代からの医学部学士編入合格への道TOP > 医師になってから > 学士編入の医師はモテるのか?
学士編入の医師はモテるのか

このサイトを訪問して下さる方は男性が多いのではないかと思います。 その想定で、読者は男性であることを前提に話をすすめていきます。

女性で医学部学士編入を目指す奇特な方は、こんな記事には全く関心がないと思いますし、 これを読む時間は正直もったいないとも思いますので、すっ飛ばして下さい。

男性医師は一般的に「モテる」と言われますが、 実際に医師になってみて、僕自身はそれを実感したことは「ほとんど」ありません。 これは、やはり僕自身の年齢が高いからだとは思いますが、 それ以前に僕自身にモテる要素があまりないからだとも思います。 筑波大学に編入した他の学士の人たちは、卒後研修は遠方の病院で行っていて音沙汰がなく、 また僕の周囲には学士編入で医師になったという特殊な経歴の医師は皆無のため、状況は全く分かりません。 「学士編入の医師はモテるのか」という項目を自ら立てておきながら、無責任のようですが、 「モテるかどうかは分からないが、少なくとも僕はモテない」というのが結論です。

10代、20代の頃は、自分もいずれは結婚できるだろうと安易に考えていたのですが、 何となく漫然と過ごしてきてしまった結果、40代に突入した今も独身のままです。 相手に巡り合えないからとはいえ何という親不孝だろうと思うこともあり、 考えるたびに心が痛んできます。 このまま行くと、孤独死〜無縁仏のルートに一直線かと思うこともあり、そんなことは想像したくもないのですが、 年齢的には結婚市場価値は急速に落ち込んで、ますます見込みは少なくなってきていますし、 現実はなかなか厳しいものがあります。

小中学生の頃から特技はピアノでその頃はモテる要素はあったのだと思うのですが、 高校は規律の厳しい進学校でしたし、大学は理系で男子学生の割合94%という状況・・・ その後、就職した電機メーカーでは同じ課には男性社員しかいませんでした。 僕自身は、積極的に出会いを求めなければ女性に巡り合えない状況に常に置かれていましたし、 高学歴、高身長、高収入の「3高」で言えば、僕が満たすのは「高学歴」のみです。 身長は170cmと、男としてはどちらかというと低めですし、電機メーカーですので、激務の割りに収入は低めです。 僕は電機メーカーでの仕事にやりがいが感じられず、こんなどうしようもない会社なんか辞めて他の仕事をしたいという思いから、 医学部学士編入を思い立ったわけで、医師になってモテたいという不純な気持ちは、これっぽっちもありませんでした。 だから、実際に医師になって状況が変わらなくても、「やっぱりな」と思うだけでした。 ただ、モテる兆候が全くないかというと、決してそんなことはない、かも・・・

僕は生来、自尊心が低く、これは東大に入学した後も全く変わりませんでした (僕の文章を読めばある程度想像はできることかもしれませんが)。 「三つ子の魂百まで」と言われるように、これはピアノがいくら上手くなっても、 そして医学部学士編入試験に無傷の一発合格を果たしても、そして医師になっても全く変わっていません。 これは本当に不思議です。 この自尊心の低さが災いすることも多いですが、物腰が低く非常に真面目で謙虚な人間ということでは、誰にも負けない自信があります。 逆にこういう性格は地味だからか女性から注目されることが少ないようで、それが僕がモテなかった大きな原因だとは思うのですが。 医師になってからは、逆にその性格を売りにするのもありなのではないかと思えてきました。 無口で内向的な性格が災いしてか、僕のことを完全に誤解している人も少数ながらいたようですが、 多くの他の人たちは、僕が非常に物静かで謙虚で真面目な人間であることを理解してくれています。 最近、病棟からの帰り際に、ある看護師さんから連絡先を書いた紙をこっそりと渡されるという、僕にとって初めてのエピソードもありました。 「相談したいことがあるので、連絡を待っています」ということでした。 僕はメールに何をどう書いてよいのか分からず、熟考の末、結局送らずじまいでした。 後から考えれば何とももったいない限りでしたが、僕がもっと若くて、遊びに費やす時間的余裕がある状況であれば、 きっとこの人にメールを送っていただろうにと惜しまれます。 もっとも、これには病院内の看護師やその他、スタッフ(コメディカル)と噂が立つとろくなことにはならない、 キャリアに傷がつくリスクが高いのではないか、仕事がやりづらくなるのではないかという防衛機制も大いに働きました。

それはともかく、全くモテなかった僕に、生まれて初めてこのような夢のような話が、しかも40歳を過ぎてから訪れるのだから、 やはり僕以外の医師は結構モテるのだろうと思えた瞬間でした。 しかも僕のように人生の半分が既に終わってしまった駆け出しの中年医師ではなく、若くて将来性もある有能なレジデントであれば モテモテなのではないかと思えてきて、羨ましくなります。 一度目の受験の時、東大にこだわらず国公立大学の医学部に入っていたら、今頃はまた違った僕がいたのかな、 と思うことも度々ありますが、もう終わってしまったことですし、過去を後悔してもそこから何も生まれないですからね。 前を向いて生きるしかないです。

最近、医者として周囲のスタッフからモテるにはどうすればよいのか、そのノウハウを仕入れようとインターネット検索して いるのですが、どのようにキーワードを入れても、医師に好かれる方法、医師と結婚する方法が書かれたページしかヒットせず、 「医師「が」モテる方法」ではなく「医師「に」モテる方法」ばかりでした。 逆にモテない医師のことが書かれたページはいくつか見つかりました。極端な不細工、性格に難あり、 そうでなければ医師はモテモテ、と書いてあるページが多かったです。男性医師はモテすぎるので、浮気を気にして寄り付かない女性もいる、 という記事もありました。僕は一体そのどれに当てはまるのだろうか??と思うのですが、 モテない医師である僕の顕著な特徴、「謙虚」を追加したいと思います。 謙虚な人は性格が良いからモテるのではないか、と思うかもしれませんが、自尊心が低く内向的な僕の場合、 それが最も災いしているのが自分でも分かります。要は僕という人間の本質は誤解されやすく、 また不器用でもあるので理解してもらうのに時間がかかるんです(自分、不器用ですから by 高倉健)。 それよりも、口が軽いチャラいイケメン医師の方が瞬時に若い女性のハートをつかんでしまいますからね。 現実は厳しいですが、僕も待ってばかりはいられないですので、婚活を始めなければと思います。

医師という職業と結婚したいと思う女性ではなく、僕という人間を心の底から理解してくれてピアノという趣味を共有できる心優しい女性が 僕の理想です。理想ばかり言うと、また貴重な時間が過ぎて、今度という今度こそ、孤独死〜無縁仏に一直線となってしまいそうで、 どこで妥協するかになりそうです。

「どんな鍋にも、それに合う蓋がある」という、ドイツだかフランスだかの格言があるそうで、 日本でも「割れ鍋に綴じ蓋」という言い回しもあるように、 僕という珍しい鍋に相応しい珍しい蓋がみつかるといいのに、という思いはあります。 このような期待が出てきたことだけでも、僕にとっては大きな進歩です。 一度目の大学生の頃、電機メーカーで働いていた頃、医学生だった頃から年齢も上がっていわゆる「中年」になってしまったはずなのに、 その頃よりもむしろ望みが出てきたことは特記しておいて良いと思います。 自分が思っているほど、女性の方は男性の年齢をそれほど気にしていないのかもしれないとも思います。

気ままに書いているうちにいつの間にか自虐ネタになってしまいましたが、20代、30代の頃は全くモテなかった僕でさえ、このような状況なのですから、 僕よりも若くて性格も明るい皆さんなら、医師になれば絶対にモテると断言します。

特に医師は、看護師、医療事務スタッフ、薬剤師、栄養師、理学療法士、技師、MSWなど、女性職員が多い職場での勤務なので、 僕のように、自分から声をかけることが100%できない奥手の医師でも、いずれチャンスはやってくる可能性が高いと見てよいと思います。 ただ医師の場合、せっかく手にした社会的地位や信用を失いたくないという気持ちが強く、 僕のように同じ職場の人と関係を持ちたくないと考えている医師も多いのが現実です。

皆さんは高い志を持って医師を目指していることと思いますが、 いずれにしても医師になれば、医師でなかった頃と比べて確実にモテるようになるはずです(保証はできませんが)。

 

 
Copyright(C) 2014-2017 30代からの医学部学士編入合格への道 All rights reserved.

今日  昨日