30代からの医学部学士編入合格への道

学士編入試験を行っている主な国公立大学医学部医学科一覧

はじめに
管理人の場合
医学部学士編入試験の特徴
医学部学士編入の難易度
学士編入試験を行っている大学一覧
試験の時期は大学によってまちまち
入試科目が少ない
受験者の年齢:中には40代・50代受験者も
大学側が学士編入者に求める人物像について
何校でも併願可能
 学士編入試験合格作戦
学士編入試験の流れ
・学士編入試験の出願から受験・合格・入学まで
・学士編入試験出願チェックリスト
分野別対策法
・英語〜論文の大意を把握できるようにする
・数学〜高校数学から大学教養課程まで
・物理〜高校物理を復習する
・化学〜高校化学を復習する
・生物・生命科学〜論述のための正確な知識を
・小論文〜医療のトピックス/志望動機
・個別面接・集団面接・集団討論
医学部に入ってから
学士編入生の学生生活〜勉強・一般学生との交流
医学部での勉強の内容
医学生向けのおすすめ参考書
CBT(Computer Based Test)・OSCEとは?
臨床実習について
医師国家試験(国試)について・おすすめ参考書
マッチング制度について
医師になってから
医師のキャリア・学年について
臨床研修指定病院について
学士編入者の初期研修・その労働と賃金の実際
当直勤務の実際〜当直はつらいよ
勤務医の現状・実際にあった忙しかった1日
年下の上級医との接し方について
専門科目の選択肢とその時期
日本内科学会の内科認定医について
臨床で役立つ医学書のコーナー
医師の周辺の医療関係の職種について
医師の収入〜病院勤務医と開業医
賃金と経営に対する意識はあったほうがよい
医師として何を追求するか?キャリアプラン
医師の恋愛・結婚事情

30代からの医学部学士編入合格への道TOP > 医学部学士編入試験の特徴 > 学士編入試験を行っている主な国公立大学医学部医学科一覧

学士編入試験を行っている主な国公立大学医学部医学科一覧

ここでは医学部医学科において学士編入試験を行っている主な国公立大学を一覧で示しその特徴を挙げます(平成26年11月現在)。

大学編入年次募集人数試験日程試験科目特記事項・その他
旭川医科大学2年次後期10人6月1次:英語・生命科学、2次:面接(集団、個別)推薦書必要
北海道大学2年次5人8〜9月1次:生命科学、2次:課題論文、面接TOEFL PBT530点以上またはTOEIC 680点以上
弘前大学2年次20人6〜7月1次:書類審査、英語、理科(物理・化学・生物)、2次:生命科学、個別面接特になし
秋田大学2年次5人11月書類審査、1次:小論文、生命科学、面接推薦書必要
群馬大学2年次15人9〜10月1次:小論文T・U、2次:面接推薦書必要
筑波大学2年次5人7月英語・数学・理科2科目(物理・化学・生物から選択)、個別面接特になし
千葉大学3年次5人8〜9月1次:英語、生命科学・自然科学、小論文、2次:面接資料作成・面接MD-PhD(大学院進学)
東京医科歯科大学2年次5人6〜7月1次:英語、理科(物理、化学、生物)、自然科学総合問題、2次:面接TOEFL PBT 500点以上またはiBT 61点以上、推薦書必要
新潟大学2年次5人8〜9月1次:英語、自然科学・生命科学(数学、物理、化学、生物)、2次:個別面接出願2年以内にTOEICの受験歴あり
金沢大学2年次5人10〜11月1次:英語・生命科学、2次:個別面接推薦書必要
富山大学2年次5人7〜8月1次:科学論文読解、論文、2次:面接(1泊2日)特になし
福井大学2年次5人5〜6月1次:書類審査、自然科学総合(英語、生命科学)、2次:面接特になし
浜松医科大学2年次後期5人5〜6月1次:英語、理科(物理・化学・生物)、2次:小論文、個別面接推薦書必要
名古屋大学3年次5人8〜9月1次:書類審査、英語、自然科学、2次:小論文、面接(研究内容紹介及び質疑応答)特になし
滋賀医科大学2年次17人6〜7月1次:総合問題(物理、化学、生物)、英語、2次:小論文T・U・個別面接特になし
大阪大学2年次後期10人7〜8月1次:英語、生命科学、物理、化学、2次:小論文、面接特になし
神戸大学2年次5人8月1次:書類審査、総合問題(英語、生命科学)、2次:面接・口述試験(研究内容及び医療問題)推薦書必要
岡山大学2年次5人6〜7月1次:科学英語、生物学、書類審査、2次:小論文、面接(個別、集団)推薦書必要
鳥取大学2年次5人9〜10月1次:書類審査、自然科学(物理、化学、生物)、2次:英語、面接推薦書必要
島根大学3年次10人8〜9月1次:英語、自然科学総合問題(物理、化学、生物)、2次:面接(研究の概要と今後の抱負)推薦書必要
山口大学3年次10人10〜11月1次:学科試験(自然科学、特に生物学)、小論文、2次:面接(集団、個別)推薦書必要
香川大学2年次後期5人5〜7月1次:自然科学総合(生命科学、物理、化学)、TOEICの得点、2次:面接TOEIC 600点以上、1次合格後、自己推薦書、研究課題論文リスト提出
高知大学2年次5人7〜8月1次:総合問題(英語、数学、物理、化学、生物)、2次:面接推薦書必要
愛媛大学2年次5人8〜9月1次:英語、自然科学総合(生命科学、物理、化学)、小論文、2次:個別面接(研究内容についてプレゼン及び質疑応答)推薦書必要
大分大学2年次後期10人6〜7月1次:生命科学、英語、2次:面接(個別、集団)特になし
長崎大学2年次後期5人11〜12月1次:自然科学、英語、2次:小論文、面接推薦書必要
鹿児島大学2年次後期10人6〜7月1次:学力試験T(生物学中心)、U(英語、国語)、2次:個別面接推薦書必要
琉球大学2年次5人10〜11月1次:小論文、自然科学、2次:個別面接推薦書必要

以上のように医学部医学科学士編入試験を実施している大学は、日本全国の国立大学のかなりの割合を占めているのが分かると思います。 そして、試験の内容や時期、選考基準は各大学でバラエティーに富んでいますが、それでも、ある程度多くの大学で共通する特徴を持っているのが分かります。 具体的には次に示す通りです。

・試験の時期は夏期に集中している
・科目数が少ない
・英語、生命科学、小論文、面接を課す大学が多い
・出願の際、推薦書の提出を求める大学が多い
・数学の学力を不問にする大学が多い

つまり、これから医学部学士編入試験を本気で考えるのなら、英語、生命科学、小論文、面接の対策を練れば、 多くの大学の学士編入で通用する実力が身につくことになります。 逆に言えば、数学が必要とされるのは東京医科歯科大学、筑波大学などほんの一部であるため、 どこでも入れれば御の字と考えている方は、初めからこのような特殊な大学は志望校として考えない方が得策とも言えます。

そしてこれも大事なことですが、推薦書の提出を求める大学が多いのも特徴で、 多くは大学の研究室の教授や指導教官などに依頼することになると思いますが、 これは結構な手間になるので頼みにくいですし、断られることもあると思います。 まだ若くて学部4年生や大学院生であれば、それでも現役で研究室在籍中ですし、何とかなりそうですが、 僕のように一度社会に出てしばらく経ってしまった方は、改めて頼みに行く勇気が出ないことも多いと思います。 そのような場合は、推薦書の提出を求める大学は自動的に志望校から外れることになります。

また大学により将来研究者になる人材を取りたいという明確な意図をもって編入者を募集している大学もあれば、 そうではなく臨床でも良いと考えている寛容な大学まで様々です。 自分が将来、医学研究者になりたいのか、日常診療を行ういわゆる「医師」になりたいのかによって、 志望する大学も自ずと絞られてくることになります。

このようにしていくと、日本全国、学士編入試験を実施している国公立大学は多いとはいえ、 以上のような条件で絞っていくと、選択肢として残る大学は意外に多くないことに気付くと思います。

各受験者のタイプに合った大学の選び方については、改めて他のページで詳しく説明したいと思います。

 

 
Copyright(C) 2014-2017 30代からの医学部学士編入合格への道 All rights reserved.

今日  昨日