東大合格への道

東大合格への道TOP |  管理人の場合 |  受験勉強総論 |  東大理T受験 |  科目別受験対策法
はじめに
当サイトについて
東大合格のメリット〜誰もが認める文句なしの学歴

管理人の学歴・東大受験体験
プロフィール
管理人の小中学生の頃の成績
東大を目指した理由
東大理T受験・泣き笑い合格体験記:現役時代
東大理T受験・泣き笑い合格体験記:浪人生時代
東大に入学してから

その他
医学部学士編入合格体験記
将棋上達への道

受験勉強総論
東大は雲の上の存在か?
四当五落と受験戦争とねじり鉢巻き
偏差値は当てにならないか?
目標の大学・学部を決定する〜将来の目指す道と得意科目・苦手科目
「受験のプロ」になる〜受験生活をマネージメントする能力
「合格」=「受験科目合計合格最低点を超えること」
・「滑り込みセーフ」を狙うことの是非
・第一志望の入試科目・過去問を概観し合格最低点を知る
・自己の実力と相手(第一志望大学)の隔たりを認識する
・目標合計点を定めてから目標点を科目別に定める
・易しい問題に強い人弱い人・難問に強い人弱い人
・大学入試に思考力は必要か?
・受験成功の秘訣は効率よく記憶すること
・参考書・問題集の選び方
・勉強ノートを作るべきか否か?
・人間の記憶の種類とメカニズムを知ることも重要
・反復記憶・復習により長期記憶のストックを増やす
・読む・書く・話す・聞く:どれが効果的か?
・模擬試験の最大活用法:現状把握とインパクト記憶
・モチベーションを維持・向上する方法
・スランプを脱出する方法
・誰にでもある得意科目と苦手科目
・苦手科目を必ずしも克服する必要はない?
・得意科目を伸ばす勉強法
・苦手科目を克服する勉強法

東大理系受験総論
・東大入試問題は難しいのか?
・東大理系入試総論
・東大に絶対に受かりたければ東大一本に絞る
・東大入試におけるセンター試験の位置付けと対策
・東大英語の攻略法:国語力が意外に重要
・東大理系数学・合格の目安は?
・東大理系数学・攻略法
・東大物理・攻略法
・東大化学・攻略法

東大コラム
・東大とはどのようなところか?
・駒場キャンパス:若者の街・渋谷・原宿が至近距離
・本郷キャンパス:赤門、三四郎池、安田講堂がある
・東大生の一般的特徴〜多芸で頭の回転が速い
・東大に入った後の勉強
・進振り(進学振り分け)の現実
・東大生家庭教師の時給
・東大に入ることのメリット・デメリット
・これは面白い!東大ローカル用語解説

科目別受験対策法
英語
・受験英語勉強法・総論
・英単語の覚え方
・英文法・語法の攻略方法
・英文和訳〜高得点を稼ぐ和訳のコツ
・英作文〜出題者の意図を把握する
・長文読解〜速さと正確さと
・辞書の活用方法
・センター試験英語の攻略法
・英語が苦手な方へ

数学
・受験数学・総論
・数学の各分野について
(数T、数U(代数幾何・基礎解析)、数V(微分積分、確率・統計))
・数学は暗記科目なのか?考える科目なのか?
・数学の解答に必要な情報は全て問題文に示されている(解けない問題は出題されない)
・センター試験数学の攻略法
・実は最も難しい整数問題、実は最も易しい微分・積分
・天才的な解答が必要とされない理由
・おすすめ参考書(管理人が使った参考書)
「円周率が3.05より大きいことを証明せよ」という問題
・数学が苦手な方へ

国語
・受験国語・総論
・国語力はその人の学力の最大のバロメーター
・国語を制する者が人生を制する?
・国語の読解力にセンスは必要か?
・現代文・古文・漢文
・センター試験国語の攻略法
・2次試験は志望校の出題形式・出題傾向に合わせて
・国語が苦手な方へ

物理
・受験物理総論・大学受験物理は意外に易しい
・教科書で勉強しない・簡単な例題で公式の使い方を知るべし
・受験物理総論〜力学・熱力学・波動・電磁気学・原子物理
・力学(運動方程式、力の分解、加速度、動/静止摩擦係数、運動量保存の法則、エネルギー保存の法則、振り子・バネの運動) ・熱力学(第1法則、第2法則、状態方程式、空間内の分子の運動)
・波動:波の方程式(開放端・固定端・位相差)・屈折率(屈折の法則)・ドップラー効果
・電磁気(電界(電場)、磁界(磁場)、フレミングの左手の法則、右ネジの法則、コンデンサー、コイル、インピーダンス、オームの法則
・原子物理(運動量と波長の関係、コンプトン効果、α崩壊、β崩壊
・センター試験物理の攻略法
・おすすめ参考書(管理人が使った参考書)
・大学に入ってから物理を専門的に勉強したい方へ
・はみ出しコラム〜東大・理学部物理学科(理物)へ進学して
・物理が苦手な方へ

化学
・受験化学総論・理論化学(計算)・無機化学(暗記)・有機化学(暗記)の3本立て
・周期表の覚え方:Caまで覚えれば十分
・最外殻電子数、共有結合、イオン結合、金属結合、分子間力(ファンデルワールス力)も重要
・理論化学(計算)は難しくない:比例計算に慣れる
@質量、分子量、物質量(モル数)、気体体積の関係を確実に把握する
A気体の状態方程式(PV=nRT)の使い方に慣れる
・無機化学攻略法:化学反応式・金属イオン系統分離等を覚える
・有機化学攻略法:構造決定など典型的な問題をマスターする
・センター試験化学の攻略法
・おすすめ参考書(管理人が使った参考書)
・化学が苦手な方へ

四当五落と受験戦争とねじり鉢巻き
・四当五落と受験戦争とねじり鉢巻き

皆さんは「四当五落」という言葉をご存知でしょうか? 「四当五落」という言葉は既に死語になっている感があり、受験生の皆さんの中にはこの言葉を聞いたことすらないという方もいらっしゃると 思いますので、まずはその意味から説明したいと思います。

「四当五落」というのは、「厳しい大学受験で合格を勝ち取るには、 寝る間も惜しんで1日4時間しか眠らないほどに勉強を頑張らなければならない、 1日5時間以上、惰眠をむさぼってしまえば「落」つまり落選・不合格」という意味です。 随分古臭い精神訓話のようで時代を感じさせる言葉ですが、 果たしてこの言葉を本当に信じている人はどれだけいたでしょうか。

だいたい寝る間も惜しんで勉強するというからには、睡眠の4時間以外は、食事、歯磨き・顔洗い、トイレ、風呂、通学以外の時間は 全て勉強時間に充てることが大前提ですが、勉強は時間ではなく内容や効率が重要であることは皆さんもご存知の通りです。 そして眠いのに机に向かっていてもいっこうに効率が上がらず目で活字を追っているだけ、という状況になってしまうわけですが、 それでもそこで眠ったら負け、眠らずに頑張れ、というのは全く馬鹿げています。 眠ければ寝て、その後、すっきりした頭でまた机に向かえば格段に効率が上がるのは皆さんも経験則としてご存知の通りです。 勉強は時間ではなく内容、効率、つまりどのような状態で何をどのように勉強するかの方がはるかに大切です。 ただやみくもに机に向かうだけの勉強では疲労ばかりが蓄積し、努力ばかりで結果に結びつかず、やる気を失うことにもなりかねず、 全く能がないと言わざるを得ません。 さらに元々生まれ持った記憶力、理解力などの素質的な部分を、この「四当五落」という言葉は無視しています。 「地頭」(じあたま)が良い人と悪い人とでは同じことを吸収するのに要する時間が全く違うことも全く考慮されていません。 そして受験において最も重要な要素である「要領」という言葉と、この「四当五落」という言葉は全く対極にあります。

繰り返しますが、受験において最も重要なものは「要領」です。これは「受験は要領」という著書の中で、 東京大学理科V類卒・精神科医の和田秀樹氏も再三指摘していることです。 極端な例ですが、20世紀の天才物理学者・アルバート・アインシュタインの睡眠時間は10時間だったそうです。

実は僕が受験生だった時代に「四当五落」という言葉を聞くことは時々ありましたが、 上述したように理屈から言っても全くの見当違いであり、誰も信じている人はいませんでした。 受験生が「ねじり鉢巻き」を巻いて机に向かってがむしゃらに勉強するというシーンは、過去の漫画やドラマでは見かけますが、 僕などはそれを見るたびに、これは笑いのネタなのではないかと思ってしまいます。 この「ねじり鉢巻き」と「四当五落」は、その古臭い精神論的な発想が非常に似ているような気がします。 それに比べると「受験戦争」という言葉は僕の受験生時代にも度々聞かれたという点で、比較的新しい言葉です。

既にこの「受験戦争」という言葉も死語になってしまっているようですが、 僕は不運にも第2次ベビーブームの真っただ中の生まれで、少子化の現在と比べて比較にならないほど受験が過酷な時代でした。 日本全国の自分と同じ年の全ての受験生は自分にとって競争相手となりますが、大学の定員は変わらないため、 その分、競争は激化します。まさしく僕の時代の受験は大学の定員を巡る「戦争」、まさしく「受験戦争」そのものでした。 東大理科T類で言えば、定員1100人の椅子を争う「戦争」です。椅子取りゲームなどという生易しいものではなく、 自らの頭脳と努力と様々な情報筋や自分で確立したノウハウを駆使して入試問題で1点でも多く奪取し、 他人を蹴落として自分がその椅子に就くための頭脳戦です。 僕は受験戦争の最も過酷な時代の受験生でしたが、「ねじり鉢巻き」も「四当五落」も既に過去の時代の 遺物になってしまっていて、既に現在と同様のスマートな受験生生活でした。 「ねじり鉢巻き」や「四当五落」が「気合い」や「根性」に根差した精神論に基づいているのに対して、 「受験戦争」は、そこに「要領」、「ノウハウ」、「情報」も加味した総合的な戦術もそこに包含しているという意味において、 より高度でスマートで現代的な感じを受けるのは僕だけではないと思います。 世界的に展開されている外交戦術など広い意味での「戦争」も、各国の諜報機関がその一翼を担っているのは 皆さんもご存知の通りです。

受験生の皆さんに求められるのは、「四当五落」に代表される気合いや根性ではなく、 「要領」、「ノウハウ」、「情報」をもとにした正しい戦術に基づく効率の良い勉強法です。 それが大学入試という「戦争」に勝利する最も重要なポイントです。

Copyright(C) 2016 東大合格への道 All rights reserved.

今日  昨日