東大合格への道

東大合格への道TOP |  管理人の場合 |  受験勉強総論 |  東大理T受験 |  科目別受験対策法
はじめに
当サイトについて
東大合格のメリット〜誰もが認める文句なしの学歴

管理人の学歴・東大受験体験
プロフィール
管理人の小中学生の頃の成績
東大を目指した理由
東大理T受験・泣き笑い合格体験記:現役時代
東大理T受験・泣き笑い合格体験記:浪人生時代
東大に入学してから

その他
医学部学士編入合格体験記
将棋上達への道

受験勉強総論
東大は雲の上の存在か?
四当五落と受験戦争とねじり鉢巻き
偏差値は当てにならないか?
目標の大学・学部を決定する〜将来の目指す道と得意科目・苦手科目
「受験のプロ」になる〜受験生活をマネージメントする能力
「合格」=「受験科目合計合格最低点を超えること」
・「滑り込みセーフ」を狙うことの是非
・第一志望の入試科目・過去問を概観し合格最低点を知る
・自己の実力と相手(第一志望大学)の隔たりを認識する
・目標合計点を定めてから目標点を科目別に定める
・易しい問題に強い人弱い人・難問に強い人弱い人
・大学入試に思考力は必要か?
・受験成功の秘訣は効率よく記憶すること
・参考書・問題集の選び方
・勉強ノートを作るべきか否か?
・人間の記憶の種類とメカニズムを知ることも重要
・反復記憶・復習により長期記憶のストックを増やす
・読む・書く・話す・聞く:どれが効果的か?
・模擬試験の最大活用法:現状把握とインパクト記憶
・モチベーションを維持・向上する方法
・スランプを脱出する方法
・誰にでもある得意科目と苦手科目
・苦手科目を必ずしも克服する必要はない?
・得意科目を伸ばす勉強法
・苦手科目を克服する勉強法

東大理系受験総論
・東大入試問題は難しいのか?
・東大理系入試総論
・東大に絶対に受かりたければ東大一本に絞る
・東大入試におけるセンター試験の位置付けと対策
・東大英語の攻略法:国語力が意外に重要
・東大理系数学・合格の目安は?
・東大理系数学・攻略法
・東大物理・攻略法
・東大化学・攻略法

東大コラム
・東大とはどのようなところか?
・駒場キャンパス:若者の街・渋谷・原宿が至近距離
・本郷キャンパス:赤門、三四郎池、安田講堂がある
・東大生の一般的特徴〜多芸で頭の回転が速い
・東大に入った後の勉強
・進振り(進学振り分け)の現実
・東大生家庭教師の時給
・東大に入ることのメリット・デメリット
・これは面白い!東大ローカル用語解説

科目別受験対策法
英語
・受験英語勉強法・総論
・英単語の覚え方
・英文法・語法の攻略方法
・英文和訳〜高得点を稼ぐ和訳のコツ
・英作文〜出題者の意図を把握する
・長文読解〜速さと正確さと
・辞書の活用方法
・センター試験英語の攻略法
・英語が苦手な方へ

数学
・受験数学・総論
・数学の各分野について
(数T、数U(代数幾何・基礎解析)、数V(微分積分、確率・統計))
・数学は暗記科目なのか?考える科目なのか?
・数学の解答に必要な情報は全て問題文に示されている(解けない問題は出題されない)
・センター試験数学の攻略法
・実は最も難しい整数問題、実は最も易しい微分・積分
・天才的な解答が必要とされない理由
・おすすめ参考書(管理人が使った参考書)
「円周率が3.05より大きいことを証明せよ」という問題
・数学が苦手な方へ

国語
・受験国語・総論
・国語力はその人の学力の最大のバロメーター
・国語を制する者が人生を制する?
・国語の読解力にセンスは必要か?
・現代文・古文・漢文
・センター試験国語の攻略法
・2次試験は志望校の出題形式・出題傾向に合わせて
・国語が苦手な方へ

物理
・受験物理総論・大学受験物理は意外に易しい
・教科書で勉強しない・簡単な例題で公式の使い方を知るべし
・受験物理総論〜力学・熱力学・波動・電磁気学・原子物理
・力学(運動方程式、力の分解、加速度、動/静止摩擦係数、運動量保存の法則、エネルギー保存の法則、振り子・バネの運動) ・熱力学(第1法則、第2法則、状態方程式、空間内の分子の運動)
・波動:波の方程式(開放端・固定端・位相差)・屈折率(屈折の法則)・ドップラー効果
・電磁気(電界(電場)、磁界(磁場)、フレミングの左手の法則、右ネジの法則、コンデンサー、コイル、インピーダンス、オームの法則
・原子物理(運動量と波長の関係、コンプトン効果、α崩壊、β崩壊
・センター試験物理の攻略法
・おすすめ参考書(管理人が使った参考書)
・大学に入ってから物理を専門的に勉強したい方へ
・はみ出しコラム〜東大・理学部物理学科(理物)へ進学して
・物理が苦手な方へ

化学
・受験化学総論・理論化学(計算)・無機化学(暗記)・有機化学(暗記)の3本立て
・周期表の覚え方:Caまで覚えれば十分
・最外殻電子数、共有結合、イオン結合、金属結合、分子間力(ファンデルワールス力)も重要
・理論化学(計算)は難しくない:比例計算に慣れる
@質量、分子量、物質量(モル数)、気体体積の関係を確実に把握する
A気体の状態方程式(PV=nRT)の使い方に慣れる
・無機化学攻略法:化学反応式・金属イオン系統分離等を覚える
・有機化学攻略法:構造決定など典型的な問題をマスターする
・センター試験化学の攻略法
・おすすめ参考書(管理人が使った参考書)
・化学が苦手な方へ

東大を目指した理由
・東大を目指した理由

ここでは僕が東大を目指すようになった時期とその経緯について話したいと思います。

現役東大生、東大卒の中には、幼い頃から親の厳しいスパルタ教育を受けながら、常に周囲にライバルがいないまま 小中学校時代を過ごしてきたツワモノも少なくないと思いますが、少なくとも僕はそうではありませんでした。

他のページでも述べたように、僕は小学校の頃の成績は平々凡々で、中学生の頃も学年260人中3〜5位といったところで、 1位はなかなか取れませんでした。この頃の僕は将来、大学に進学するにしても東大は僕にとって全く手の届かない 雲の上の存在という認識で、この頃の僕の最終目標は早稲田大学でした(理由は小中学校の頃の成績のページで述べた通りです)。

僕が東大を意識したのは高校に入ってからでした。 この高校は平均学力はさほど高くありませんでしたが、学力特待、スポーツ特待制度があり、 学力特待性を含む最高の区分け(仮にA類とします)の平均偏差値は茨城県の新教研テスト相当で70ということでした。 学力特待制度で優秀な生徒を獲得して、県南一の進学校に向けて奮起していた時期でした。 そのバロメーターとしてこの高校が掲げていた目標が東大合格10名以上でした。 実績至上主義、実績を挙げるためなら、生徒の幸せや自由を奪っても構わないというほどの徹底ぶりで、 この高校の学力特待を含む最も高いランクのA類の150人ほどの生徒、特にその約半数の80人前後の生徒には、 部活動禁止令が発令され、放課後に学校に残って自主学習を半強制的にさせられました。 噂には聞いていましたが、まさかこれが3年間も続くのかと思うと絶望し、 こんな生活は耐えられないとまで思うようになりました。 例の県立高校は不運にも不合格となったのだから、この高校に入るのはほとんど自動的に決まってしまったに等しい状況でしたが、 それにしてもどうしてあの県立高校に合格できなかったのかと、自分の不運を嘆く日々を過ごしていました。 勉強ばかりで息つく暇もなく「ピアノが弾きたい、ピアノが弾きたい」と心の中で泣きながらの生活でした。

周囲の生徒の多くは、例の県立高校を始め、県立高校に受からずにここに流れてきた僕と同じような境遇の哀れな人たちもいて、 親近感が湧きました。例の県立高校の正式名称は、H高校と言いますが、皆、「T」と呼んでいたので、ここでは「T」で統一します。 クラスメートの中に僕と同様、T高校に落ちて特待で入学してきた人がいましたが、その中の1人は、茨城県の新教研テストで 490点、県で一桁に入ったこともあるツワモノでした。この年の2月初め、つまり千葉県公立高校入試の1か月前に ドラクエ3が発売され、僕たち中3の受験生の中には受験前の大事な時期だというのに、ドラクエ3に 明け暮れていた人も結構いたようです。そしてこの人もドラクエ3に没頭してしまったようでした。 それが災いしたのかどうかは分かりませんが、この人もT高校合格確実と言われながら、僕と同様に落ちてしまったということでした。 教室の窓の外を眺めて、「ここからT高校見えるかな」と彼はボソッと言っていました。 見えるわけがないのですが、彼の気持ちは痛いほどよく分かりました。何を隠そう僕自身も彼と全く同じ気持ちだったからです。 彼だけでなく、新教研テストで中3時代、490点以上で県で一桁に入ったことがある人も 同じクラスに複数いましたし、480点以上を取るツワモノはざらにいることが後に分かりました(後になって、前年の新教研の 県内上位者名をつらつらと眺めていて気づいたことでした)。

このクラスに少なくとも中3時代は僕が到底かなわなかったようなツワモノが多数いるという事実を知らなかったこともあり、 僕の当時の目標はこのクラスでトップを取ることでした。 僕の場合は中3の時に例の特訓教室で難関高校入試向けの難易度の高い授業を受けていた他、 開成高校、早稲田大学高等学院の入試対策にも取り組んでいたため、高校の学習内容をある程度先取りしていました。 そのため、東京の難関私立高校の入試問題に対応できる学力を持っているという優越感がありましたし、 単に優越感だけでなく、周囲の生徒たちと比べてかなりのアドバンテージがあるようでした。 それが奏功したのかは分かりませんが、1学期の半ば頃に行われたA類統一の難問テストでは、クラス第1位、学年第2位に輝きました。 この結果について、当時の日記には「この間の試験でクラスでトップを取った。これは自分の実力を考えれば当然の結果だ。 学年1位になれなかったのが情けないし悔しい」と強気なことを書いていますが、 実は自分にそう言い聞かせて奮い立たせているだけでした。 夏休み最後の河合塾の全統記述模試では全国100位以内(校内2位)に入って、 河合塾特製のテレホンカートをゲットしたりもして、成績最上位者の常連となりました。 この時、志望校に東大理科T類も入れてみたところ、A判定だった記憶があります。 「そうか、学年で2〜3位に入れているのだから、東大も目指せる位置にいるんだ、決して夢ではないんだ」と この時思ったのが、東大を始めて意識した瞬間でした。

最終目標を早稲田大学から東京大学へ引き上げたのは、このように実現可能性を考慮した結果です。 東大を目標にすることは誰でもできますが、目標というのは達成・実現が期待できるものでなければ意味がないわけです。 そこが「夢」と「目標」のはっきりとした違いです。

考えてみれば、この高校のクラスも中学校で上位一桁に入っていた秀才ばかりの集団のはずで、 単純に中3時代の新教研テストの成績だけを取れば、僕はこのクラスでは上位3分の1にも入らないほどのはずだったのですが、 そんな僕がこのクラスで最上位に位置していたのは、やはり中3時代、東京の難関私立高校対策をやっていた成果に加えて、 難問になればなるほど力が出るという僕自身の生来生まれ持った素質によるところが大きかったのだと思います。 いずれにしても、その後も試験を受けるたびに確かにクラスの中でかなりの上位にいました。 この状況を鑑みると、これは本当に東大に入れるのではないかという希望が湧いてくるのを感じました。

ここまでは東大に入るという目標を抱いた積極的要因です。 「積極的要因」と書くからには、東大に入るという目標に対する「消極的要因」もあります。 これから先はそれについて述べたいと思います。

次年次(高校2年)の授業料その他費用免除対象者45人は、その1年間の校内試験・模擬試験の成績と 作文・校長面接で決まるのですが、僕はその中でも特に最上位に入っていました。 作文でも「東大現役合格を目指して」という、これ見よがしのタイトルの作文を書いて、現在の学業成績とやる気をアピールしました。 結果は順当に決まりました。

高校2年になってからも同様でクラスでも最上位層をキープしていました。 放課後の半強制的な自主学習は毎日結構つらかったのですが、慣れてしまったこともあり、 また結果も出ていたので、自分としてはこのままこの調子で行けば東大合格も決して夢ではないという思いで取り組んでいました。 学校の校内難問テストの他、駿台、代ゼミ、河合塾、進研ゼミの全国統一模試も多数受けて、 そのいずれも校内一桁には入っていました。 高校2年の2月に受けた河合塾の東大入試オープンジュニアでは東大B判定、理系で校内3位ほどだったと記憶しています。

次年次(高校3年)の授業料その他費用免除対象者としても、ほぼ最上位で通り、結果的に高校3年間の 授業料その他費用は生徒会費を除いて全額免除となりました。 校長面接でも「本校の上位層の中でもかなり優秀な成績だと思う。これを続ければ来年、東大合格は確実なのではないか。 良い結果が出るようにこれからもさらに頑張ってほしい」というコメントでした。「頑張れば何とか東大合格圏内に滑り込めるのではないか」 と言われた人もいたとのことでしたが、僕の場合はそうではなく「東大合格確実なのではないか」と言われたことを ここで改めて強調しておきたいと思います。

しかし高校3年になり成績は急降下してしまいました。クラスの皆も同様でした。 先生たちが東大の問題への対処法について、今の僕から見れば明らかに誤った指導をしていて、 それを忠実に守っている生徒が逆にバカを見るという皮肉な構図でした。それは特に数学の勉強法において顕著でした。 これでは生徒に東大を目指せる素質があっても、先生がつぶしてしまいかねないと今の僕は思います。 そして実際、当時の僕は現在の僕のように受験生活を冷静に俯瞰しマネージメントできる能力を持ち合わせていなかったのだから、 先生の言う間違った指導法に従ってバカを見る羽目になってしまいました。 肉体的にだけでなく精神的にも余裕がなくストレスがたまり、爆発寸前でした。 夏休みもお盆休みすらなく毎日学校で朝早くから夜遅くまでとにかく机に向かわされる毎日でした。 これでは疲労が蓄積して勉強の効率も落ちてしまいます。

夏休み、少しぐらい休んでよいだろうと思い、親も僕のあまりの過酷な学校生活を見かねて、 仮病を使って遠方の博覧会(大阪万博EXPO'90)に行ったり、お盆休みには親戚の家に数泊して海水浴に行ったりと、 気分転換してきました。数日ぶりに学校に戻り、「風邪をひいていました」と嘘の理由を言ったところ、 「風邪ひいてる余裕あんのか?」と担任から嫌味を言われました。 余裕があるも何も、人間いつ何時体調を崩すか分からないではないかと反論したくなりましたが、 次の瞬間、担任のこの言葉の本当の意味が分かりました。 僕は海水浴でこの時真っ黒に日焼けしていたので、「風邪をひいた」と僕がいくら言っても、担任の先生には「海に行っていた」 ということがバレバレだったのだと思います。 本当は「海に行く余裕あんのか?」と返すべきところ、僕が「風邪をひいた」と見え見えの嘘をついたものだから、 「海に行く」を「風邪をひく」という僕の言葉でそっくりそのまま置き換えたのだと思います。 あの先生、何て頭の回転の早い人なんだろう、と妙に感心したものでした。

このように毎日辛い学校生活を送る中で、僕は高校3年間で多くのものを失いました。 普通の高校生が自由気ままに毎日を何の苦労もなく過ごしているのを羨ましく思いながら、 自分は何て不幸で楽しみのないつらく苦しい生活なのだろうと思ったものでした。 東大を目指す上位層のクラスメートは自然と仲良くなっていて、学校の愚痴を口々に言うことでストレスを発散させていました。 「結局、この3年間は苦労の連続以外の何物でもなかった。これで東大に入れなかったら、この3年間は何だったんだって ことになるよな。だから東大に入るしかなくなったんだよ、俺らは。それが逆に学校の狙いなんだろうけどね。 俺らはその学校の狙いにまんまとハマったんだよ。だからと言ってそれに抵抗するのも難しかったから、 もうこうなったら意地でも東大に入るしかないよな。俺の青春を返せと言っても、もう仕方ないもんな。 東大に入って今までの借りを返せばいいんだからさ。」と言っている人もいました。 僕もまさにそのような心境だったので、皆も同じことを考えているんだ、と驚いたのをよく覚えています。 この辛かった3年間を帳消しにするには、最低でも東大合格・・・ 東大に入れなければ、僕たちは負け組・・・ 最終的に僕が東大以外の大学が眼中になくなったのは、このような状況のためでした。

これが東大を目指した「消極的要因」です。

これが東大に入れるかもしれないという希望を抱いた「積極的要因」と「消極的要因」・・・ 僕は不幸にも、東大に入るしかないという状況に追い込まれてしまったわけです。

Copyright(C) 2016 東大合格への道 All rights reserved.

今日  昨日